心と体に滋養と自愛

yagisix1.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 04日

今年もよろしくお願いします

長らく、長らくご無沙汰しておりました。
yagisix、生きております。

ちょいと住宅ローンやら固定資産税やらが、やばくなってきたので、頑張っておりました。

父はとっくに引退して、年金暮らし。
昔からそうでしたが、かなりのアレな人で、
最近になって若干老人性の凶暴な面が診えてはいたものの、
金が足りないから働いてくれ、と頼むとキレてしまって会話が成立せず、
もう諦めて、専業主夫として、気楽な寅さんのようにフリーダムな人になってもらいました。
そう思う方が家族では精神的に楽で、なんとか穏便に過ごそうとしています。

yagisixも実は寅さんに憧れていて、寅さんと裸の大将を足して2で割って、
絵筆やキャンバスの代わりにカメラ片手に放浪できたら最高だろう、とは思うのですが、
写真でそれがなされるとは思いませんし、住宅ローンは待っちゃくれません。
なので義務を果たすまで、ばりばり働くことを決意しました。

母も既に引退していたのですが、それじゃまずかろうと、
家の近くの某バイパスの某パーキングで、週2~3回、
掃除のおばちゃんとして朝の暗いうちから、夕方遅くまで頑張ってもらっています。

以前、トラックでそのバイパスを利用して横浜から小田原に帰る際、
道路本線から母の働く姿が見えました。
パーキングのごみ箱のごみを大きなゴミ袋に仕分けていました。
分別されてないんだろうなぁ。。
その時、なんだか涙が出てしまいました。ヨイトマケの唄が聞こえてきそうでした。

「オイラ、働くよ」と泣きながら。

---
新年早々、暗いオープニングになってしまいました。
でも、今お話したことが私の近況で、日常生活の柱です。

それと、今度は写真の話ですが、昨年は大きな転機を迎えました。
ライブ写真展を行ったことはこのブログでもご案内したとおりですが、
ライブでの取材活動、CDジャケットのポートレートで、
撮りたい写真が撮れるようになったこと、これが昨年に得た大きな成果です。

あんまり引かない絵とか、寄り過ぎた絵に偏ったりと構図はたいして上手くないですし、
たかが8ヶ月で3万カット撮った程度で達観するんじゃねぇョ、という話になります。
でも、歌に想いを込め、生きていることに対峙した人間の一瞬に迫れ、
写真に収められたことが、最大の成果でした。

もう何歩か踏み込んで、雑誌やポスターを意識した商業的に使える作画があるのでしょうけど、
私がライブをしっかりと感じ、誰かに伝えられるフレーミングはある程度撮れるようになったと思います。
これまでジーズキャフェのご協力を得て、たくさんのミュージシャンを撮らせて頂きました。
本当に名の通った専業プロから、お金を取らない人まで。

そこで感じたことは、ステージでの表現者の美しさを、
写真に現すにはプロもアマチュアも境がないこと。そこに自分なりの価値を得ました。


はっきりと言ってしまえばゴール到着です。


あまりに早い結論かも知れませんが、(ステージ上での)生き生きとした人物を撮りたいという
短くて濃い「写真」の霧から一回出てしまった感覚です。

かといってステージ表現者への熱が冷めた訳ではないです。
むしろ表現者への憧れや尊敬の想いが強くなりましたし、ジーズキャフェの影響で
アコースティックギターを友人から借りちゃいました。
相変わらず下手っぴのままですけど。

もちろん、ミュージシャンの有名無名に関わらず、写真が評価されて、
買い手が得られるような絵作りを全くあきらめたわけじゃないですよ。
やむにやまれず、そっちの欲というか気合が溜まれば、目指すかも知れません。

---
じゃ、yagisixのこれからは?との問いには、
今を一生懸命生きるしかない、です。

家の問題とかいろいろありますし、長男坊ですから逃げるわけにいきません。
まずはお家問題、これをしっかりとやります。
後顧の憂いを断ってこそ、明るい未来があると信じています。

なにせ、「自分には撮りたいものが撮れた」という一生の宝物を持てたのですから、
頑張れないわけがありません。

それにそれに、ジーズキャフェというホームができました。
ボトルキープしました。
たくさんの仲間ができました!

---
結論
「安全運転」
「省エネ運転」
「睡眠は多めに」
「一生懸命やる」

今年もよろしくお願いします!
[PR]

by yagisix | 2009-01-04 20:39


<< 風に吹かれて      G'sCaffeメンバ... >>