2009年 11月 27日

続 写真との出会い

昨日は勢いですんごい長文になってしまいました。
お付き合い下さった皆様、ありがとうございます。

昨日の続きです。
基本はハッピーお気楽路線の私ですが、このメンテナンス会社の個々のグループ間の人間関係が極端に悪くなり、失意のうちに退職しました。創業メンバーとしての、生え抜きの意地で頑張ろうとしたのですが、事務所内の極度に冷えた対人関係の冷気で凍え死にそうになり、ラブアンドピースを唱えても虚しいだけ。ここでの30代以降の将来像は生ける亡霊になった私が幽鬼のごとく作業場を徘徊する姿が視え、社をあきらめました。提出すること5回目の退職届がようやく受理され、その後の10か月は挫折感いっぱいの無職の日々を過ごしました。7年間在籍したメンテナンス会社も、立ち上げメンバーとして会社を盛り上げようと頑張ってきましたが、本当に自分の力の無さを思い知らされました。

働く気力が完全に失せた無職の期間に、無性にバイクで北海道ツーリングをしたくなり、足になるバイク(カワサキスーパーシェルパ250cc)、衣類のヘルメット、グローブ、ブーツ、ジャケット、食住のキャンプ用品を購入し、北海道を10泊する旅に出ました。
苫小牧に着いてから、国道を海沿いに沿って時計回りに、野宿キャンプをしながら移動を続けます。
父親が急逝され実家の松前漬け工場を継がざるを得なくなった、下北沢でロックバンドのヴォーカルをしていた友人を訪ねて函館啄木公園近くの彼の工場で再会を果たし、積丹で旬を逃した雲丹を食し、小泉元首相が北朝鮮で金正日総書記に拉致を認めさせ謝罪があった報を札幌大倉山ジャンプ場近くのラーメン屋で知り、破産した夕張ではメロンを食べずに通過して富良野麓郷の森の近くのカフェでカレーを食べて田中邦衛の遺言も噛みしめ、羅臼の道の駅の目が覚めるような超美人のインフォメーションのお姉さんに驚愕し、トド肉カレーは完全に怖気づいてさんまを食べながら内田有紀は可愛かったと独り旅の身を浸り、地平線の見える多和平キャンプ場でテント設営をしているところ、こちらも独り旅のトレーラーのキャリアカーOBの方と運命的な出会いをします。

キャンプ場の東屋を陣取ってジンギスカンを焼きながら、蒸かしたじゃがいもを御馳走になりながら、トレーラーについて興味本位で運転から荷扱い(乗用車の乗せ下ろし)にいたるまで、いろいろと訊ねていましたが、まさかこの4か月後に私も同じトレーラーのキャリアカー乗りになるとは全く予期していなかったのですが。

---
写真との出会いを語りたかったのですが、自分史を語ってしまいました。
体型の所以も語ってしまいました。騙りではなく脚色もなくこの身に起こったことです。
続きはまた明日します。
[PR]

by yagisix | 2009-11-27 21:17


<< 荒野を目指して       写真との出会いについて語りたい... >>