2009年 11月 30日

荒野を目指して 

北海道ツーリングで見た道東の景色は、空も大地も広大そのものでした。
遠くで雨雲が雨を降らしているのが見えるんですよ!だだっ広い平野が続く世界を、視界の広いバイクでの体験が、この後の人生を変えることになります。

小田原に帰ってからもあの景色を反芻するうちに、ふと、海外はどんななんだろうと思うようになります。メンテナンス会社以前は4tトラックで沖縄と離島以外は全国を回っていて、自分で走る日本国土の距離感覚は19歳の時にある程度出来ていました。目的地に思いを寄せるだけで、そこまでの時間感覚やその時に使った体力、風景、道路のリズムなどが蘇ります。正直なところ北海道のスケール感も一度走ってしまうと思い出せるのです。

必然的に飛躍的に、じゃ、海外はどうなの!?
となり、海外バイクツーリングOBの方が主催されるサイトを発見し、運営者とコンタクトを取り、日本ではまだ少ない海外ツーリング経験者と出発予定者が集うバイクキャンピングでのオフ会に幾度も参加して、600万あれば予算的には世界一周イケるとの情報を得ます。もちろん強盗おいはぎ誘拐役人不当賄賂要求も当たり前の国もいっぱいあるし、それらの知識と運とか察知できる勘も必要だし、言葉も覚えなきゃいかんし、大陸間でのバイクを運ぶ船会社との交渉も必要だし、もう他にもあげたらキリないけど、それでも世界はすごいし広すぎるからとにかく行った方がいいよ!と諸先輩同志の皆さんのお言葉を頂き、先々の人生がどうの、家のローンがどうの、結婚がどうの、でなくバイクで海外行くために金を稼ごうとなりました。

社会貢献のためではなく、完全に自己実現のためだけに仕事探しをするのですが、工業高校卒の私が一般企業に入ったのではとてもおっつかないので、自分が出来そうな率の良い仕事を考えます。特技、能力、経験、人間性、それらを考えるとやっぱ運ちゃんだろ、となりまたドライバーへ。4tドライバー時代に2tから10tまでの多くのドライバーに聞いていた勤務時間や作業内容を思い出すと、拘束時間はトラックの大小いかんに関らず10~14時間は働いていて朝早いのは共通。土曜日も出勤。大きい車ほど手積みの可能性が低い。給料は大きい方がどうやら良いらしい。それらを考えるとどうせ拘束時間が一緒ならデカイ方が率が良さそうだ、と踏み、トレーラーしかねぇなと思い至ります。

手持ちの免許は中型二輪に普通自動車しか持っていないので、大型自動車とけん引の免許が必要になりますが、二つの免許を教習所で取る資金がなく、大型は試験場で取ることに覚悟を決めます。けん引はあのクネクネ動く謎の動きが傍目で全く別の乗り物に見え、一発試験で取れる自信はまずないので、けん引免許を教習所で、残り少ない資金を投資します。教官からは大型もないのにお門違いだなお前、乗用車で船でも引っ張るのか金持ちだなお前、と罵られますが、こっちはまだ見ぬ世界のために真剣そのもので、全く勘の利かないトレーラーに苦闘しながらも予定教習5時間オーバーでなんとかけん引免許を取得します。

肝心の大型試験ですが、今はどうかわかりませんが大型自動車は車両の貸出とコース開放を土日にしていて、大型自動車取得から3年以上の経験者が指導者として横に乗れば、試験には使われない古い大型自動車でコース内で試走をさせてもらえます。このときばかりは親父に本当に感謝で、当時現役の大型ドライバーだったお父様に同乗してもらい、試験本番用の3コースを頭に叩き込み、車両のホイールベース、ハンドル切れ角、車両ミラーの突き出しを把握。試験車両は試験官が助手席からでも左右のミラーが見やすいようにミラーフレームが極端に突き出ていて、試験本番では多くの受験者がこのミラーをコース障害物に接触させて一発中止になるやっかいなものです。ここを事前に把握出来ていたのが勝因になりました。

試験は運良く1回で合格。
2、3回は覚悟していたのですが、このときばかりは本当に嬉しかったです。最初から狙っていたことですが、試験本番で安全のための目視確認などの作法は、教習所で身につけていた直後でまだ暖かったのも功を奏しました。本番では難癖付けて最初の1回はまず落とされると聞いていただけに嬉しさも一入。これでハローワークで物色していた仕事に応募できるんだ!と希望の光が、映画里見八犬伝でのお釈迦様?観音様?が厚い雲間から現れたときのような神々しいまでの光芒が、ぱーっっと差し込んでいました。

---
いよいよ自分史になりました。
写真との出会いはこれからです。
よろしかったらあと数回続きそうですがよろしくお願いします。
明日も仕事。もう寝ないとやばいです。
[PR]

by yagisix | 2009-11-30 00:20


<< お久しぶりです。ですが歯痛。      続 写真との出会い >>