2008年 02月 03日

alone

f0034014_1183646.jpg


今日も映画を観ました。
アメリカンギャングスターです。
昨日の映画独り言から、マフィアものを観たくなり、いつものシネコンへ。



映画の感想ですが、「ゴッドファーザー」には届かないかな、、と感じました。

ストーリーは60年代ニューヨークの黒人マフィアに仕えていた主人公デンゼル・ワシントンが、
ボスの死後、麻薬マーケットを制し、またアメリカ麻薬捜査局もこの当時に設立され、
正直を信じる捜査官が主人公を追うという、実話を再現しているそうです。

麻薬がどれだけ社会にはびこり、また多くの人の生活に関与していたかという時代背景も
よく分りました。
快楽は人間の本能の深いところに棲みつく、ということも改めて分りました。

そのような設定やストーリー展開はわかるのですが、、
惜しむらくは登場人物らの感情描写が、少し足りないと感じました。

ドラマでも映画でも、起承転結の要所には個々の感情表現が、話を盛り上げ行きますよね。
それがもう少し欲しかった。

ゴッドファーザーシリーズは、まさに感情の塊だったので、そういう人間臭さを期待しちゃいました。

次は「母べえ」に期待します。
人間臭さは邦画の方が丁寧かな。
[PR]

by yagisix | 2008-02-03 02:12


<< mirror image      morning sun >>