心と体に滋養と自愛

yagisix1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 24日

ecoってなに?

f0034014_18393019.jpg




毎日、10t車で小田原から静岡西部に製品を運んでいます。
行きはコスト削減の為、全て一般道です。

静岡県は東西に長く、一般道とはいえバイパスが充実しているので、
そんなにたくさんの信号機にかかることはありません。
それでも深夜に走っていて、定期的に赤信号に変わる信号機で止まります。
交差する青信号側からの車の侵入はほとんどありません。

で、この稼業をやっているといつも思うのですが、この赤信号の為に停まるのは
もったいないなぁと。

我々ドライバー側からの負担からすると、
・停車の為にブレーキに神経を使います。
荷崩れなどしたら製品事故になるので、慎重になります。
・追突事故のリスクが増えます。
・フットブレーキ、クラッチ操作をする足に負担がかかります。
 ドライバーによっては、下の道を数百キロも走る場合、足にかかる負担は何t分にもなるそうです。
・運転(労働)時間増。

これが大事なのですが、
・燃費が悪くなります。
 停止→発車の繰り返しは燃費悪化につながります。
・結果、co2やらなんやらの有害物質を多くまき散らすことになります。深夜の日本中の一般道で。

できれば高速道路をもっと安くするとか、深夜の赤信号をセンサーに変えるなどやってもらいたい。
どうも環境保全だとか、エコドライブだとか言っているような気がするけど、
道路で働いている者から見ると行政はエコをやる気がないような気がします。

多くのトラックが下の道を一生懸命走るのは、少しでも運賃を手元に残したいから。
寝る間を惜しんでコスト削減をしているのです。
一般企業が経費を抑えていることとなんら変わりはないのです。

そこに来て深夜の赤信号。。
警察やら国交省あたりにすれば、スピード違反や交通事故の抑制に寄与している、
とか言いそうな気がしますが、現実の有害物質の排出はどう捉えているのでしょうか?
法律が深夜も赤信号!となっているから、疑問すら持たない?
むしろ信号違反者が減るから罰金→収入減?

どうなんでしょうねぇ。。
警察の罰金は微々たるものでしょうが、誰かさんの既得権益を守るようにしか考えず、
環境のことは目をつむっているような。。

もっと言えば、ガソリンはあと40年ぐらいで終わっちゃうらしいので、
さっさと化石燃料からモーター駆動の電気自動車に変えちゃえばいいのに、と思います。
実用までにバッテリーがまだ追いついてないのか、リチウムかな?資源の確保が難しいのかな。

さらに大きくいえば。
中国、インドあたりが自動車が伸びているらしいですが、販売するのはハイブリッドか電気自動車のみにすればいいのに、と思います。
ここでガソリン車を普及させたら、それこそ温暖化の拍車にトドメを刺すような気がします。

とはいえ、世界中の化石燃料業界の人達、産油国の人達を守れるのかという問題もありますし。


しかし、なにがしかで聞いたキャッチコピーで「残そう子孫の為に」って言葉。
何を残すんだろうか?


長くなりましたが、明日も早いので、文句はまた時間のあるときにつぶやかせてもらいます。
[PR]

by yagisix | 2008-03-24 19:39


<< 小石川の事件について      photo-graph >>