2008年 03月 29日

小石川の事件について

昨日、東京文京区で製本業を営む会社社長が、家族を次々に刺す無理心中事件がありました。
経営が苦しくなり犯行に及んだのでは、という報道に私はとても胸が苦しくなりました。

このブログを始めた頃、私は印刷会社の営業マンとして勤めていたので、印刷業界の立場の苦しさがよく分ります。
ガソリン高騰による紙・インク代の材料代UP、取引先の値引き要求、取引先の移転・倒産、
Webの台頭による『紙離れ』、ライバルとの価格競争、銀行の貸し渋り。。
他にもつらい条件が沢山あると思います。

特に印刷業界では一枚あたりの単価が、数銭・数円単位なのでとにかく数をこなさないと
お金が回りません。
どこも苦しいと思います。

家族を手にかけてしまった社長は、、どんな気持ちだったのでしょうか。
とても温厚で、休みの日は子供とキャッチボールをしている良い父親だったそうですが。。

私にはとても計り知ることはできません。
でも、どんなことがあっても人の命だけは奪ってはならないと思います。
ましてや肉親、伴侶に手をかけるなど。。

今は、重傷を負った子供さんの回復を願うばかりです。
[PR]

by yagisix | 2008-03-29 01:32


<< Livehouse      ecoってなに? >>