心と体に滋養と自愛

yagisix1.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 09日

G'sCaffeメンバー紹介vol.4 二見典克さん!

f0034014_1334971.jpg


長らくお待たせしました、ポスター紹介シリーズ第4弾です。
あと9組ぐらいあって、このペースだと正月を越してしまいそうなので、
もうちょっと頑張りたいと思います。

今回の記事は前回ご紹介した、40kidsのラジオ番組を聴きながら書いているのですが、
面白すぎて笑えます。
音楽大好き小僧がそのまんま大人になって、音楽談義に花を咲かしているあたりが
青春していて好きですねー。
楽器の話とか知らない人には全くわからない話に大人3人で大盛り上がり(笑)
深夜放送のノリで言いたい放題、大変よろしいです。
このまんま逝ってもらいたい。

---
さてさて、今回ご紹介するのはブルースでロックな人、二見典克さんです。
今回は40kidsのラジオにホスト役で登場していました。
二見さんは40kidsのお二人と同い年で、40kidsとライブ活動を共にすることが多いです。

音楽のスタイルはちらっと触れましたが、少年時代に聴いていたブルースやロックが
二見さんのベースになっています。
80年代の雰囲気がじんわりと漂っている数々のオリジナルソング、私は好きです。
二見さんのオリジナルで最近の私の大ヒットは、「武器を楽器に持ち替えろ」という
メッセージソングです。

「マシンガンをギターに、ナイフをマイクに、引き金を引くなブルースを弾け」

この曲をCDに詰めて全世界のラジオでかけてもらいたい気持ちですよ。マジで。


そういえば、二見さんの歌本にはコードが書かれていなくて、その時の雰囲気で
コードや演奏法を変えているそうです。
何回かライブを聴いていて、いつも同じようにやっていないので、尋ねたら
あまり演奏の型を決めていないそうです。
アドリブでステージを作るのはセンスや経験がないとできないこと。
たいしたものですよ。

---
そんな大物の雰囲気漂う二見さんですが、公の姿も、超大物です。
ポスターにもありますが、なんと日本にいるインド象で二番目に長生きの
ウメ子の飼育員さんです!!

それってかなりすごいと思います。ゾウの飼育員、なりたくてなれるもんじゃないですよ。
動物好きにとっては羨望の仕事だと思いますが、相手の大きさが大きさ(3tぐらい)ですから、
命がけの仕事だと思います。

そして二見さんのすごいところは、ウメ子の餌の重さで腰を痛めても、園内の猿にかまれても、
園内の鹿にツノで刺されても、ライブは休んだことがないそうです。
公私に渡り、ブルース、ロックを体現する男、二見さん。
彼こそロッカーだと思います。

二見さんの相棒
[PR]

by yagisix | 2008-11-09 14:42